給水管内蔵コラムストッパー

特徴と効果

給水管内蔵車止めは、角形鋼管の強度を活用し、その鋼管の内部空間に給水管や電線等を内蔵する事で、メンテナンス性を向上させた車止めです。車止め内部に納める事で、景観性にも優れ、施工性・メンテナンス性を両立させ港の美観を向上させます。
  1. メンテナンス性を向上!
    これまで上部コンクリート内部や下部に収められていた給水管を車止め内部に納める事でメンテナンス性が向上されます。
  2. イニシャルコスト削減と工期短縮!
    これまで給水管設置として掛かっていた工事費を、車止めに内蔵する事で最小限に抑え、コストを軽減できます。
  3. 角形鋼管の加工性を活かし、
    現場にあった納まりをご提案!

    現場の状況に応じた特注加工が可能ですので、使用される給水管のサイズや状況に応じてベストな納まりをご提案します。
係船柱回避とコーナー加工

仕様

コラム・カバーは“溶融亜鉛めっき HDZ 55・40”を施しています!
この仕様は溶融亜鉛めっき処理の中でも過酷な腐食環境下で使用される鋼材に施されるめっき処理で、海岸地帯でも強い防錆能力を発揮します。

ベースフレームは“溶融アルミニウムめっき HDA 2”を施しています!
溶融アルミニウムめっきは、素地状態のままでも耐海水性に優れているので、もっとも腐食環境の厳しいパーツであるベースフレームを錆びから守ります。

3層塗装で防食効果がさらに飛躍!
下塗り・中塗りには密着性の高いエポキシ樹脂塗料、上塗りには耐候性に優れたポリウレタン樹脂塗料を施しています。
※ベースは無塗装仕様になります。

入念な品質管理で、ハイクオリティな製品をお届けします!
製品には全て管理番号を記載して、全数の寸法検査と、5基に1基の膜厚測定を行っています。

メッキ浸漬状況
上塗り塗装状況
ドライ膜厚管理状況

参考納まり図

80Aの給水管を内蔵したいというご要望から、H=300の車止めに納めた例です。給水管を固定させるためにベースフレームを改造し、保持金具が納まるように工夫されています。

施工事例

ベースフレームと給水管の設置状況
給水栓取出し部
特注の給水バルブカラー
25Aの給水管をH=180の車止めに内蔵した例
角形鋼管(□150)の中に給水管(25A)を内蔵。
給水管のジョイントはジョイントカバー内で行います。
 
 
給水栓の取出しは、ベースより地中に埋設しました。
資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP