スラッシュカット工法

車止めの撤去、お困りではないですか?!弊社スタッフに車止め撤去をお任せください!

開発経緯

高度成長期に多くの港湾施設が整備されたため、2035年には建設後50年以上経過する岸壁数が約6割になると言われています。また、日本では人口減少・超高齢化社会となり生産年齢人口が減少しています。今後、港湾工事においても労働力の不足が懸念されます。

このような背景の中、全国の港湾・漁港において老朽化対策としての維持補修が多く行われており、車止めの取り換えが増えています。

それに伴い、全国各地で数多く設置されてきた被覆鋼板製車止め撤去の機会も多くなり、現場では撤去に多大な労力と時間を要しているのが現状であり、現場から良い撤去方法はないか多くの声をいただきました。

弊社ではそのような問題を解決するために、ウォールソーを使った新工法「スラッシュカット工法」を開発し、生産性向上(工期短縮・作業の省力化・少人数化)を実現しました。

これからの現場において必ずお役に立てる工法であると確信しています。

特長

●スラッシュカット工法とは

自在切断装置の本体にウォールソーを装着し、ウォールソーに角度を持たせ車止めの下部コンクリートごとアンカーボルトを切断する車止め撤去工法です。

  1. 工期短縮
    従来作業1/2で車止めを撤去!
  2. 作業員の省力化
    オペレーターがリモコン操作にてボルトを切断!
  3. クリーン作業
    ブレーカーでの粉砕・ハツリも不要、粉塵飛散ゼロを実現!
  4. 環境への配慮
    従来工法よりも作業音を軽減、民家隣接地域などの騒音問題を解消!

比較

工事手順の比較

従来工法による撤去工程(3m✖1本)

問題点
  • 溶断・ハツリの繰り返し作業になり、1本撤去するために2時間近く必要とする。
  • 人力で機材を使い作業をする必要があるため、岸壁より落水しないよう注意が必要。
  • 季節や天候により、作業員のスピードに影響を及ぼし、撤去時間が左右される。
スラッシュカット工法ですると!

新工法による撤去工程(3m×1本)

生産性の向上!
切断作業はリモコン操作と汚泥の清掃のみ。少人数・低労力で工期短縮を実現した工法。
岸壁際での作業を削減し安全面も向上。

工期が短い・作業員が確保できない・工事環境の制限が厳しい現場などではスラッシュカット工法が大活躍。
ぜひお問合せ下さい。

工事費用

●地域別撤去工事費(参考価格:100m撤去の場合)
  • 福岡からの派遣・機材運搬になりますので遠方になるにつれて工事費が高くなります。
  • 機材運搬は地域1~4は弊社ユニック車。地域5~8は平車チャーター便による運搬。
    北海道はJR貨物による運搬になります。
地域別撤去工事費
  
工事地域 工事費
1. 福岡・佐賀 14,000円/m
2. 九州・中国1 18,000円/m
3. 中国・四国2 19,000円/m
4. 関西 21,000円/m
5. 中部・東京 23,000円/m
6. 北陸・関東・東北1 24,000円/m
7. 沖縄 26,000円/m
8. 東北2 27,000円/m
9. 北海道1 31,000円/m
10. 北海道2 33,000円/m
●工事費の内容
  • 弊社作業員3人派遣
  • 出張費、運搬費含む(福岡~現場)
  • 自在切断装置(ウォールソー)にて切断・撤去(ブレード交換含む)
  • 汚泥の吸引・清掃
  • レンタル(トラック・発電機等)の引取り・返却
●別途必要工事費
  • 水(散水車)500ℓ/日
  • 撤去後の車止めの産廃処理
  • 汚泥処理、汚泥回収用タンク(一時回収のノッチタンクは準備あり)
  • 汚泥の吸引・清掃
  • 撤去後のモルタル仕上げ
注意点
  • 既設車止めとコーナー材が溶接している場合は、事前に溶断する必要があります。
  • 上記の工事費につきましてはあくまでも参考の工事費となりますので、詳細は弊社までお問い合わせください。

参考

・関東で施工した場合の工程スケジュール
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
移動
撤去準備
撤去準備
撤去10m
撤去25m 撤去25m 撤去25m 撤去15m清掃 レンタル品返却移動
  • 基本的に雨天でも作業は可能です。
・上記工程の参考歩掛り
名称・規格 数量 単位 単価 金額
車止め撤去工【スラッシュカット工法】
機械損料 (見積単価) 1 8,830 8,830
人件費 土木一般世話役 0.1 24,200 2,420
人件費 普通作業員 0.15 20,200 3,030
経費 出張費 1 3,675 3,675
経費 運搬費 1 2,000 2,000
経費 その他諸雑費 1 3,991 3,991
合計(1m当り) 23,946
  • 参考になりますので、地域によって変動があります。
    詳しくは弊社までお問い合わせください。

施工事例

金沢港 御供田ふ頭

積雪による工事遅れの影響がありながらも、短期間でスムーズに車止めを撤去。
撤去延長 188m
施工期間 5日間
作業員 4名
作業内容
  • 車止め撤去作業
  • 既設車止め・縁金物
    溶断作業
  • 産廃・汚泥水処理は含まず。

金沢港御供田国際ターミナルにて日本海側最大のつり上げ能力を持つクレーンが導入されました。それに伴い、岸壁の整備として、老朽化した車止めを撤去し、新たにコーナー保護材を設置する工事が行われました。
この期間に石川県で記録的な積雪に見舞われ、工事着工の遅れがありながらも、限られた期間内にて無事に作業を終えることができました。

撤去班と溶断班に分かれ作業

・老朽化していた車止めと縁金物が溶接されていたため、車止めを撤去するには、切り離す溶断作業が必要でした。そのため、まずプラズマ切断機にて溶断班が溶断作業を行い、追う形で撤去班が車止めを撤去していきました。

撤去作業は約30m/日(8時間)
溶断作業は約40m/日 (8時間)
撤去後の産廃処理はユンボ(ハサミ)を使用

・撤去後の車止めはユンボ(ハサミ)にて掴み、そのままトラックへ積載。ガラの飛散もなく、スムーズな積載ができました。

撤去後にバックホウが車止めを掴む
そのままトラックへ積載し、産廃処理場へ
老朽化した車止めが撤去され、岸壁もスッキリとした印象に

・車止めを撤去後、ハツリを行いコーナー保護材を設置しました。係船柱の再塗装や背後の補修により、綺麗な岸壁へと生まれ変わりました。

工事を行うにあたっての注意点。
  • 施工する地域によっては、現地にて機材・トラックの手配が必要になります。
  • 撤去後の産廃処理・汚泥水の処理はご対応をお願い致します。
今回の工事にて手配していただいた機材
名目 数量 使用目的
① 2t平車 1台 スラッシュ機材運搬用
② 発電機 (24kvA) 2台 スラッシュ機材・溶断作業用
③ エアーコンプレッサ(20馬力) 1台 溶断作業用
④ エアホース(20m程度) 1本 溶断作業用
⑤ 給水場所の確保 1本 スラッシュカット給水用。1~2㎥/日

実績

発注者
博多港ふ頭株式会社
工事名
試験施工
現場名
福岡県 博多港(那の津ふ頭・須崎ふ頭)
撤去数量
36m
スラッシュカット実績1
スラッシュカット実績1
発注者
東京港埠頭株式会社
工事名
平成26年度外貿埠頭等ヤード舗装及びその他補修工事
現場名
東京都 お台場ふ頭
撤去数量
473m
施工期間
12日
採用理由
作業労力の軽減と施工期間の短縮の点を評価され、当工法を採用。
スラッシュカット実績3
スラッシュカット実績4
発注者
長崎県長崎港湾漁港事務所
工事名
野母地区水産物供給基盤機能保全工事(-1m物揚場・新町線)
現場名
長崎県 野母漁港
撤去数量
63m
施工期間
3日
採用理由
民家隣接地域であるため、騒音を抑え、粉塵が発生しない当工法を採用。
スラッシュカット実績13
スラッシュカット実績14
発注者
国土交通省関東地方整備局千葉港湾事務所
工事名
千葉港中央地区岸壁(12m)付属施設改良工事
現場名
千葉県 千葉港
撤去数量
182m
施工期間
5日
採用理由
輸入車搬入ヤードのため、粉塵・ガラが発生しない当工法を採用。
スラッシュカット実績5
スラッシュカット実績6
発注者
石川県 金沢港湾事務所
工事名
金沢港ふ頭用地整備(御供田ふ頭)工事(付属施設)
現場名
石川県 金沢港 御供田埠頭
撤去数量
180m
施工期間
5日
採用理由
作業労力の軽減と施工期間の短縮の点を評価され、当工法を採用。
スラッシュカット実績7
スラッシュカット実績8
発注者
国土交通省 九州地方整備局
工事名
平成29年度博多港(中央ふ頭地区)岸壁改良工事
現場名
福岡県 博多港中央ふ頭
撤去数量
14m
施工期間
1日
採用理由
隣接する新設クルーズ岸壁との工区境の既設車止めの撤去。クルーズ船が着岸していないタイミングで撤去を完了させ、工期短縮に効果を発揮した。
スラッシュカット実績9
スラッシュカット実績10
発注者
新潟県 新潟港湾事務所
工事名
新潟港(西港区)万代島物揚場補修工事
現場名
新潟県 新潟港
撤去数量
162m
施工期間
5日
採用理由
施工期間が限られていたため、人力による撤去作業での作業効率を懸念し、労力削減と施工期間の短縮を評価され、当工法を採用。
スラッシュカット実績11
スラッシュカット実績12

Q&A

レンタルは可能ですか。
現在、レンタルは行っておりません。弊社スタッフが3名で現場に行き撤去を行います。
水はどのくらい必要ですか。
1日当り約500ℓ程度使用いたします。給水用の散水車もしくは給水場所の確保をお願いいたします。
撤去後の車止めはどうしたらいいですか。
元請業者様でお願いいたします。車止めは撤去したままダンプに積載し産廃場に運搬していただいております。
撤去後の岸壁はどの様に修復したらいいですか。
既設の車止めのアンカーボルトはジンクリッジなどで錆止めを行い、岸壁のカットした部分を無収縮モルタルで補修してください。
撤去後の新しい車止めはどの様に設置したらいいですか。
同じ法線で設置するとアンカーボルト建込み時、既設のアンカーボルトに干渉する事があります。セットバックをして車止めの法線をずらすことをお勧めいたします。
海に汚泥が流れないのですか。
車止めと車止めの間にウレタンフォームと止水板により汚泥が流れないように対策を行いウォールソーが稼働している間も作業員が汚泥の吸引作業を同時進行で行います。
足場は必要ですか。
陸上工事のため足場は不要です。
縁金物のカットは可能ですか。
側面カッターも出来るように検討中です。
車止め以外の撤去は可能ですか。
検討いたしますので弊社までお問い合わせください。
どんな車止めでも撤去が可能ですか。
基本的に撤去は可能です。被覆鋼板製車止めにおいて、上部コンクリートの中に鋼板が埋設されている場合、スラッシュカットの前に埋設部の鋼板(陸側)を切り離す必要があります。また、幅の広い車止めはブレードが入らない可能性があるのでご相談ください。
工事を依頼したい場合、どのようにしたらいいですか。
問合せフォームにご記入の上、ご連絡をお願いいたします。弊社担当者よりご連絡させていただきます。
資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP