プレート固定タイプ

プレート固定タイプ

既設断面を活かして取付けするプレート固定タイプ

プレート固定タイプは、既設コーナー材の設置断面を利用してコーナー材の取替えが行える工法です。現場状況によっては、足場を組まずに施工が行えます。
形状は、ノーマルタイプに対応しています。
ラバータイプ・アングルタイプについては別途ご相談ください。

  1. 撤去した断面を活かして施工!
    既設コーナー材を撤去した断面をそのまま利用するので、新たなハツリはほとんどありません。
  2. 既設車止めがあっても施工可能!
    最小限のスペースで施工できる工夫がされています。
  3. 産業廃棄物が少ない!
    ハツリ量(産廃)が少ないので、環境に優しく、工費も抑えられます。

施工歩掛り

プレート固定タイプは、土木施工単価の“縁金物取付【手間のみ】二次製品”では実際の施工手間にそぐわない場合があるため、独自の歩掛りを設定しています。

※無収縮モルタルは含まれていません。既設コーナー材の撤去費は含まれていません。

施工手順

既設コーナー材撤去後

無収縮モルタル充填状況
※無収縮モルタルは付属していません。

本体設置状況

①既設コーナー材を撤去する。
②既存岸壁でスライド式アンカー固定用プレートのくる位置をカッター・ハツリで取り除く。
③コーナー材の固定孔位置に合わせアンカーをたて、固定用プレートをナットで固定する。
④スライド式アンカーを定位置に固定、
 固定用金具をセットし本体を固定用プレートにはめ込みます。
⑤すき間を目張りし、天端面の充填確認孔から無収縮モルタルを充填する。
※取付金具は一式付属されています。

施工後断面図

本体セット後、モルタル充填確認孔より
高さ・法線の微調整が可能です。

標準仕様一覧表

ノーマルタイプ(プレート固定)

※上記価格には消費税は含まれておりません。(北海道・沖縄・離島については別途運賃が加算されます。)
※鋼材等の価格変動により、予告なく価格変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。

ラバータイプ(プレート固定)

※上記価格には消費税は含まれておりません。(北海道・沖縄・離島については別途運賃が加算されます。)
※鋼材等の価格変動により、予告なく価格変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。

資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP